ガンによる最期の迎え方を考える

がん治療には手術をはじめ粒子線療法、分子標的療法などのさまざまな治療法が開発されてきましたが、残念ながら発見の遅れた進行がんであったり、ガンの転移・再発によって治療の甲斐なく死を迎える人も少なくありません。

もしも、転移や再発を起こしたガンが悪化し、人生の終焉を迎えることが避けられないことになったとき、その最期をどういう形で迎えるのかを考えておくことは、自分の人生の集大成はもちろん家族にとっても大切なことではないでしょうか。

もちろん、「死」についてはふれたくはない。
「死」を口にすることで、死期が早まったり、がん患者本人の心に悪影響を及ぼすのではないか…などという意見もあります。
当然、そうした考え方や意見は尊重されるべきであり、必要以上に終末期について話したり、考えたりすることはないでしょう。

しかし、がん患者本人が身近に迫った「死」と正面から向き合い、自分らしい最期の準備を考えたいと願っている場合には、「死ぬなんて言わないで!大丈夫だから…」と言うだけでは、がん患者は孤独感や寂しさを募らせるだけではないでしょうか?


■がん患者の意志尊重は、家族や医師、看護師ができる最後の贈り物
がんの転移や再発が悪化し、既に治療の見込みがない場合、いたずらに患者を励ますよりも、最期のときまで共にいることをメッセージすることが心を落ち着かせることがあります。
「いかに死ぬか」は人にとって永遠のテーマですが、家族や医療者はガン患者が心静かにそれを考えることができるように気を配ってあげたいものです。


スポンサー


gion2275 at 20:22│Comments(0)clip!がんの転移・再発 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。