『夏の日の1993』の津久井克行さん(49)が胆管ガンを告白


『津久井克行』のミリオンセラーで知られる男性デュオclassの津久井克行さん(49)が、胆管がんを患っていることが明らかになりました。

今年2月19日に胆管がんの告知を受けたということですが、手術はせずに抗がん剤による治療が行われ、胆管ガンはかなり進行していたものの、治療経過は良好ということです。

5月18日の津久井克行さんの公式ブログ『津久井克行のほぼ日記』では、「元気です!」のタイトルで「今まで黙って来ましたがそろそろ発表しようと思いこういう形にしました」との記事が出ていました。

class(クラス)は、日本の男性デュオグループ。1996年に一度解散しましたが、2003年に再結成しました。デビュー曲である『夏の日の1993』はミリオンヒットを記録しました。
2008年から日浦孝則さんに代わって、class所属のGMAエンタープライズ代表取締役会長である岡崎公聡さんがメンバーとなり、再始動しています。

胆管がんは、決して生やさしい癌ではありませんが、津久井克行さんの一日も早いご快復をお祈りいたします。

◎胆管がん
胆管がんは胆管の上皮から発生する悪性腫瘍です。その発生した部位により、肝内胆管がんと肝外胆管がんの2種類に分けられますが、一般に「胆管がん」の場合は肝外胆管に発生したがんを指し、肝内胆管がんは肝臓にできたがんとして、肝がんとして扱われることが多いようです。

胆管がんは、胆管の内側の粘膜から発生しますが、まわりの組織にしみ込むように拡大することが多く、腫瘍としての大きなかたまりをつくらない特性から、早期の発見や診断は容易ではありません。
しかし、最近では画像診断技術の進歩もあって胆管がんをより早く発見し、またその存在部位や広がりを正確に診断できるようになりました。

胆管がんの治療は手術・放射線療法・化学療法(抗がん剤)が単独もしくは組み合わせて採用されます。
しかし、胆管がんの標準的な診断・治療は確立しているとは言えず、ある
医療機関では手術が可能と診断されても、他の医療施設では手術の対象にならないとされることもあると言います。

特に、肝臓の入口近くである肝門部にできた胆管がんは、一般的には外科切除は困難とされ、最初に診察した医師の判断が重要になります。


スポンサー


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。