抗がん剤の種類

■抗がん剤治療は複数の薬剤を組み合わせた併用療法が主流
抗がん剤を使ったがん治療では、複数の抗がん剤を組み合わせた併用療法が主流となっています。

併用療法は、性質のことなる薬剤を組み合わせることでがん細胞を攻撃する相乗効果が期待できるだけではなく、抗がん剤の副作用の軽減にも効果があるといわれています。

抗がん剤が、ガン細胞を攻撃するポイントは、細胞周期のどの時点で作用するのかということだと言われています。

細胞周期とは細胞が増殖する周期のことで、合成期・分裂期・準備期に分かれています。この周期に関係なくどの時期であってもガン細胞に作用する抗がん剤と、ある特定の時期のがん細胞に作用する抗がん剤があり、それぞれの作用に特徴を持った抗がん剤を組み合わせて治療に使われています。



◎アルキル化剤
多くの種類がある抗がん剤です。がん細胞のDNAに損傷を与え、がん細胞の増殖抑制に効果があるとされています。細胞周期に関係なく作用します。

◎代謝拮抗剤
乳がんや消化器がんの治療に使われている5−FUやテガフールなどが代表的な代謝拮抗剤です。がん細胞の分裂期に作用してDNAの合成や関係する酵素を阻害する効果があるとされています。

◎抗生物質製剤
よく知られている抗生物質製剤はマイトマイシンやアドリアマイシンなどがあり、細胞周期に関係なくがん細胞に作用するとされ使用されています。
また、塩酸アムルビシンは肺の小細胞ガンに効果があるとして注目され、塩酸イダルビシンも腫瘍殺傷効果が高くて副作用が少ないということで注目されているということです。

◎白金化合物
シスプラチンに代表される抗がん剤で、抗菌作用を持つことで開発されました。最近ではシスプラチンよりも副作用の少ないカルボプラチンやネダプラチンなども開発され、肺ガンや胃がん、食道がん、子宮頸がんなどの治療に使われているようです。

◎植物アルカロイド
植物の中にある有機化合物をアルカロイドといいますが、このアルカロイドを使った合成物質が抗がん剤として使われています。
塩酸ビンクリスチンや硫酸ビンブラスチン、タキソールなどが知られていますが、植物アルカロイドの抗がん剤は消化器系のがんや卵巣がん、乳がん、悪性リンパ腫、肺の小細胞がんなど多彩ながんの治療に使われ、新しい抗がん剤も積極的に開発されているといわれます。


スポンサー


gion2275 at 08:24│Comments(0)clip!抗がん剤 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。