抗がん剤の投与方法

■副作用とのバランスで決まる抗がん剤の投与方法
抗がん剤には多かれ少なかれ、副作用がついてまわります。もちろん個人差が大きく、あまり副作用のでない場合もあれば、やや多めに出るがん患者さんがいらっしゃいます。

抗がん剤の投与量やスケジュール、投与手段などの方法は、副作用との兼ね合いを見ながら微妙に調整されます。腫瘍内科を設置している医療機関であれば、抗がん剤治療を専門とするドクターがいて、長年の臨床経験から抗がん剤治療の計画を立てます。

◎抗がん剤の投与量
抗がん剤は効果が期待できる量と、かなりの副作用が出てしまう量が非常に近いのが特徴だと言われています。
そのため、抗がん剤の投与量は耐え難い副作用が現れる手前の範囲内で、最大の効果が期待できる量に設定されます。

一般的には体表面積で決定されるということですが、医療の現場では体重で決められることも少なくないようです。
また、がん患者それぞれの体調や年齢、全身状態などによっても異なり、主治医の判断で決められることがほとんどみたいです。


◎抗がん剤の投与スケジュール抗がん剤の投与スケジュールには、3〜4週間に1回の単回投与、5日間連続投与と3〜4週間の休みを繰り返す方法などがあります。一般的には投与期、効果発現期、体力回復期を1サイクルとして、最低2〜3サイクル繰り返されるようです。

最近では抗がん剤の効果をより高め、同時に副作用を軽減するために、人が持つ24時間のリズムを利用した夜間投与を試みる医療機関もあるみたいです。

がん細胞は昼間よりも夜間の方が活発に分裂するため、夜間投与をすることで抗がん剤がガン細胞の中に入り込みやすくなること。さらに、正常細胞の中の解毒作用を行う酵素が夜間は昼間に比べて増殖するといったことから、この投与方法が試みられるようになりました。

まだ試験レベルということですが、比較的良好な結果が出ていることから、今後の導入が期待されるところです。


◎抗がん剤の投与手段これまで抗がん剤の投与手段は経口による投与が中心でしたが、現在では、点滴による静脈内投与が中心となっているみたいです。

また、注目されているのがリザーバー療法と呼ばれるもので、リザーバーと呼ばれる装置を皮下に埋め込み、そこから静脈へカテーテルを挿入するもので、抗がん剤を繰り返し投与しても静脈が傷つくこともなく、負担も少ないと言われています。


gion2275 at 21:03│Comments(0)clip!抗がん剤 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。