抗がん剤の副作用と対処方法(第3部)


手術や放射線と並んで抗がん剤によるがん治療が行われていますが、抗がん剤治療には多かれ少なかれ、副作用がついてまわります。

ただ、抗がん剤の副作用には個人差が大きく、なかにはほとんど副作用の出ないがん患者さんも少なくないということです。
抗がん剤の主な副作用とその対処方法についてご紹介します。


<倦怠感・疲労感>
骨髄抑制に加え、身体が抗がん剤の毒性を排除するために新陳代謝を活発化させることによって疲労感・倦怠感が起きるとされています。
程度は個人差が大きく、一般的に最初の投与時がいちばん強くて、次第に軽くなっていくのが特徴といわれています。

抗がん剤の治療が終わることで、だるさや疲労感は消えていきますが、仕事を持っている人は倦怠感や疲労感が起こることを想定して、仕事のスケジュールを立てるようにすることが大切です。
くれぐれも無理をしないこと。
それが抗がん剤の副作用に対して効果的な対処法です。


<腎毒性>
抗がん剤のなかには、投与する際にたくさんの水分をとらないと腎臓の機能障害という副作用を起こすことがあります。
投与時には点滴が併用されますが、治療が終わった後も1日に2リットルくらいの水をとるのが良いとされています。


<肝障害・心臓障害・肺障害>
あまり自覚症状がないこと。そして、抗がん剤治療後数週間から数ヶ月過ぎてから起こることがあるため、抗がん剤の副作用のなかでも注意が必要なものといわれています。

適切な対処方法がないということで、定期的に検査を行って障害の兆候があれば抗がん剤治療は中止されるようです。
また、脳症や肺線維症が起きた場合には、迅速な治療が求められます。


これらの抗がん剤による副作用は、すべてのがん患者さんに起こるものではありません。何度も言いますが、副作用が起きても非常に軽い人も多く、個人の体質や治療時のコンディションによって大きく異なります。

抗がん剤の副作用は避けられないものと決めつけず、できるだけ精神的にリラックスして抗がん剤治療を受けるようにしましょう。


スポンサー


gion2275 at 03:38│Comments(0)clip!抗がん剤 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。