がん告知について再び

がんの告知については、このブログで何度か取り上げてきました。
私の舌癌の場合もそうでしたが、今やがんの告知は当たり前になっています。
そんな中、知人から興味深い話を聞いたのでここにご紹介します。


◎医師は、がんの告知よりも『告知の仕方』に配慮すべき
私が住む九州のある地方での出来事です。80歳を超える男性患者とその娘さん夫婦の3人が病院で医師から「腎臓がんの末期ですね」と告げられたときのことです。
医師は患者や家族の顔を見ることもなく、検査データだけを見ながら冷徹に話したそうです。

娘婿は「それで手術や抗がん剤治療などは…?」と質問したそうですが、その質問を遮るかのように医師は「無駄です。治療法はありません。もう、平均寿命を超えているし…」と言い放ったそうです。
末期がんと告げられたがん患者さんは、肩を震わせ言葉もなく立ち去ったといいます。

そのガン患者さんには、別の病院で抗がん剤による治療が提案されたとのことですが、患者は「もうだめばい」と自分に言い聞かせるようにつぶやき、治療を受けることもなく告知されてからわずか数ヶ月で逝ったといいます。

娘夫婦は、なんら配慮のない医師の告知の仕方が、父親の生命を縮めてしまったのではないかと憤ったそうです。


同じがんでも初期から末期まであります。最近では医療の進歩によって初期がんの多くは治療が可能になりました。
しかし、末期がんではその望みはありません。そこで問題になるのが告知です。

初期のがんで治癒の見込みが高い場合には癌と告げられても希望を持つことができますが、末期がんの場合はどうでしょう。
「治療の方法はありません。手術や抗がん剤は無駄です」などと言われれば、がん患者はその日から生きる希望を失うのではないでしょうか!

一方、残された時間が限られているのなら、あえて余命を告げて、限りある時間をその人らしく過ごしてもらいたいと考えることも理解できます。


あくまでも私見ですが、がんの告知は今や当然ですが、医師には『告知の仕方』『告知の言葉』に細心の配慮をいただきたいと思います。
がん患者は、自分のがんが治るものなのか、治らないものなのか、ある程度は感覚的に分かるといいます。

たとえ末期がんで余命いくばくもないとしても、そのがん患者がその人らしく最期までいられるような告知方法はないものか…?

今回、知人から話を聞いて、強くそう思いました。


スポンサー


gion2275 at 18:49│Comments(0)clip!がん告知 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。