指揮者の小澤征爾さん、食道がんで公演をキャンセル

日本はもちろん世界的な名指揮者として内外から高い評価と人気を得ている小澤征爾さんが1月7日、東京都内で会見を開き、食道がんの治療に専念するためウィーンと日本で予定していたすべての公演をキャンセルすることを明らかにしました。

小澤征爾さんは「年末に受けた人間ドックで食道がんが見つかりました。本当は今日、ウィーンにいなくてはいけない日。仲間、お客さんに迷惑をかけて申し訳ない。先生の言うことを聞いて半年以内に戻る」と語ったとのことです。

小澤征爾さんと記者会見に同席した主治医の岡田正人医師は「食道がんは大きさよりも深さ。非常に浅いところにある早期のもの」と説明したそうです。
食道がんの手術から復帰までは約半年が必要という見通しで、来週の検査結果を待って治療計画を立てるということです。


小澤征爾さんは今回のがん宣告について「15年前に兄貴もなった。兄貴の伝統を受け継いでるのかな。飲んでも食っても平気なので全く自覚症状はない。毎年、年末か年始に受けてる人間ドックに行かなければ、いまここにいない。みなさんも受けた方がいいですよ」と受診を勧めていたと報道されています。

食道がんは、一般的に治りやすいといわれているガンの部類には入りませんが、主治医がおっしゃっているように早期であれば十分に治癒は期待できると思います。
小澤征爾さんが一日も早く食道がんを克服し、また日本やウィーンをはじめ世界のオーケストラでタクトを振られることを心待ちにしていたいと思います。



スポンサー


gion2275 at 21:36│Comments(0)clip!食道がん 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。