制嘔剤の副作用について

「初めまして。癌の化学療法での嘔吐はいろんな面で問題があるのですね。
嘔吐を止める薬は飲み続けると効かなくなることはないのですか。」
先日、ある方から上記のコメントをいただきました。

がんの化学療法(抗がん剤治療)の副作用のひとつに吐き気や嘔吐があり、酷い場合には治療を一時中断せざるを得ない場合もあると聞きます。

その吐き気・嘔吐を抑えてくれるのが制吐剤です。
制吐剤の使用ガイドラインもできているということで、以前よりも積極的に制吐剤が医療現場で使われているようです。


今回は、その制嘔剤の副作用について考えてみたいと思います。

たとえば、通称「サンド」と呼ばれる制嘔剤があります。
効能効果は抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)と記載されています。

同剤の副作用についてですが、ショック、アナフィラキシー様症状(気分不良、胸内苦悶感、呼吸困難、顔面紅潮、血圧低下、喘鳴等)を起こすことがあるので観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し…とありました。
また、癲癇や下痢、便秘、肝機能への影響の可能性があるとしています。

制嘔剤を継続することで効果がなくなる可能性はあるのか?というご質問ですが、調べた範囲においては確認できませんでした。

薬剤である以上、作用があれば副作用のリスクがあるのは避けられないことですから、抗がん剤にしても制嘔剤にしても、その使用に際しては専門医の的確な管理の下でなされなければなりません。

がんの治療法は抗がん剤だけではなく、手術や放射線もあり、ケースによっては手術と抗がん剤を組み合わせたり、術中に放射線を照射することもあります。

自分のガンがどういう性格のもので、どのステージにあるのか、どんな治療計画があるのか…。
などなど、医師と十分に話し合った上で、癌と闘う強い気持ちと小さくても何らかの希望を持つことが大切です。

管理人もいまだ経過観察中の身です。
時々、癌にさえならなかったら…と思うことがありますが、とにかく生きていることに感謝を忘れないでいようと言い聞かせて、日々を過ごしています。


スポンサー


gion2275 at 09:38│Comments(0)clip!抗がん剤 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。