胆のうガン対策は超音波検査

プロ野球界のご意見番として親しまれ「喝」の掛け声で愛されてきた日本ハムの元監督で野球評論家、大沢啓二さんが胆嚢(たんのう)がんで亡くなったのはご存知のとおりですが、今回はその胆のう癌について少し触れたいと思います。


胆のうガンは、肺ガンや胃がんなどに比べると、死亡者数・罹患(りかん)率ともに低いのですが、初期段階ではほとんど自覚症状がないため、がんと判明したときには手遅れが少なくないということです。

そのため、胆のうガンを早期に発見するためには、定期的な超音波検査が欠かせないといわれています。


胆のうガンは、胆石の手術をした際に偶発的に見つかることもあるといいます。

初期の段階ではがんは胆のう内にとどまっていますが、進行ガンになればリンパ節やほかの臓器に転移したり、胆嚢の外にがん細胞がこぼれて腹膜に転移する腹膜播種(はしゅ)のリスクも高くなるとのことです。

胆のう癌の治療法は手術が中心で、腹腔(ふくくう)鏡を使った胆嚢摘出手術が一般的だとされています。

ただし、胆嚢がんは肝臓やリンパ節に転移したり、腹膜播種(はしゅ)まで進行することがあることから、発見が遅れた場合は手術そのものが難しくなることもあるみたいです。


◆早期発見は超音波検査が効果的
自覚症状のほとんどない胆のうがんを早期で発見するためには、現在のところ定期的な超音波検査が効果的だといわれています。

超音波検査では、胆のうに胆石やポリープがあるかどうかを見分けることが可能だということで、もしもポリープがあると診断されれば精密検査を受けることが大切だしています。

胆のう癌のリスクが高くなるのは、一般的に60歳を過ぎてからだといわれています。手遅れにならないためにも、定期的な検査を受けるようにしましょう。


スポンサー


gion2275 at 22:51│Comments(0)clip!超音波検査 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。