がん治療の最先端施設が九州に誕生

2011年春、鹿児島県指宿市に「がん粒子線治療研究センター」が開設され、2013年春には佐賀県鳥栖市に「九州国際重粒子線がん治療センター」が開設予定で、九州に2ヵ所の最先端がん治療施設が相次いで誕生することになります。


鹿児島県のがん粒子線治療研究センターは陽子線による治療を行い、佐賀県鳥栖市の九州国際重粒子線がん治療センターでは、重粒子線によるガン治療が行われることになっています。

陽子線、重粒子線ともに癌細胞を集中的に攻撃することができることから、従来の放射線によるがん治療と比べて正常な細胞を傷つけることが少なく、痛みなどの身体的な負担もほとんどないと言われています。

両センターともに様々な種類のガンを治療の対象としているということですが、白血病などの血液のガンや胃がん、大腸がんなどの消化器系のがん、そして既に広範囲の転移が認められるガンに対しては、治療効果が期待できないということで対象外としています。

がん治療のための放射線照射回数ですが、重粒子線の場合で肝臓がんでは2〜4回、陽子線の場合で肺がんで10回が目安とされています。

また、鹿児島県指宿市のがん粒子線治療研究センターには乳がん専用の陽子線照射室が用意され、将来的に乳房切除のない乳がん治療を目標としているということで、開設後の治療実績に期待したいものです。


■公的医療保険の適用が急がれる最先端がん治療
最先端のがん治療として期待と注目を集める重粒子線、陽子線による治療ですが、残念ながら今のところ健康保険の対象とはなっていません。

そのため、どちらも約300万円ほどの治療費が必要ということですが、これでは経済的な理由から治療を受けられず、助かる命も救うことができません。

全国的に見ても、重粒子線や陽子線を駆使したがん治療のための最先端施設は徐々にですが増えてくるものと思われます。

一日も早く公的医療保険の適用となることを、厚生労働省をはじめ関係機関には強く訴えたいと思います。

ところで、最近では民間のがん保険で、この最先端治療の費用をカバーできるタイプの保険が増えているようです。

見る限り、最先端治療の保険を特約としてつけてもそんなに保険料は高くならないみたいです。公的な健康保険の適用がない今、高度医療に適応した民間のがん保険に加入しておくのもいいかもしれませんね。


スポンサー


gion2275 at 18:24│Comments(0)clip!放射線治療 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。