癌の温熱療法(ハイパーサーミア)について

200812121001000


先日、九大病院へ今年最初の検査へ行ってきました。問診、触診ではおかげさまで今回もセーフとなり、後は6月にまた超音波検査となりました。

吐き気のことも相談しましたが、「人よりも嘔吐反応が強いみたいですね…」と言われただけでした。

本当は具体的な対処方法を教えて欲しかったのですが、個人差がかなりあるみたいだから仕方ないですね。

管理人の場合、どうしても吐き気が強いので、歯磨きを丁寧にすることができません。そのため、歯石がけっこう付着していると指摘されました。来週末には近所の歯科へ歯石除去に行くことにしました。

それからタケちゃん様、コメントありがとうございました。深く感謝いたします。



話は全然変わりますが、いま、これまでの抗がん剤・放射線・手術によるがん治療の効果を高める「ハイパーサーミア(温熱療法)」が注目を集めているとニュースがありました。

ハイパーサーミアは、高周波を利用するサーモトロン-RF8という装置で体の表面から深部まで加温する治療法です。

もともとは、熱に弱いがん細胞の特性に注目し、ガンを摂氏42〜44度で死滅させる目的で開発されました。

ある臨床例では、肺がんに抗がん剤とハイパーサーミアを併用した場合、がんの消失・縮小効果を表わす奏効率は、薬剤単独の倍以上という結果が得られたそうです。

ハイパーサーミアは脳と眼球を除くあらゆる部位のがんに適用可能で、副作用がほとんどないのが特長だといわれています。

残念なことは、ハイパーサーミアによる治療施設は全国で約70ヵ所にすぎず、圧倒的に不足しています。

また、保険点数が決められており、何回治療しても定額で、医療機関にとって経営上のメリットが少ないこと。がんの専門医がこの治療法を理解していないといったこともあるそうです。

一日も早い普及を望みたいと思います。


スポンサー


gion2275 at 15:07│Comments(0)clip!最新がん治療 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。