抗がん剤と医療用かつら(ウィッグ)

先日のことです。
乳がんの手術を受けた女性から、「これから抗がん剤治療があるので、ウィッグについて調べてほしい」という相談がありました。

抗がん剤の副作用に悪心や嘔吐、食欲不振などのほか、頭髪を中心とした脱毛があります。これは、抗がん剤が癌細胞だけではなく正常な組織にもダメージを与え、特に細胞分裂が活発なものに影響を及ぼすため、細胞分裂の活発な髪の毛の根本にある毛母細胞へ作用することを起因としています。

抗がん剤の副作用による脱毛は、一般的に薬剤を使ってから約2〜3週後に起こることが多いとされています。ただ、ずっと髪の毛が生えてこないわけではありません。個人差はあるものの、抗がん剤治療後およそ3〜6ヶ月で再び髪は生えてくるといわれています。

男性の場合は、「治療が終わったら、また髪は生えてくるんだから、そんなに不安しなくても…」という方が少なくありませんが、女性にとっては、やはり髪の毛は大切な問題です。


最近は、がん患者さんのQOLを守る意味で、医療用かつらであるウィッグへの関心が高まっています。
管理人もウィッグについて調べてみましたが、正直言ってかなり高額でした。ざっと調べただけでも105,000円〜178,500円と価格の幅も大きくて驚きました。

がん保険を含め医療保険に加入されている方なら費用を捻出できると思いますが、そうでない方にはちょっと負担になるかもしれません。

それでも無理のない良心的な価格でウィッグの提供や関連情報を発信しているところはないかと探してみたところ、3万円以内で提供している会社を見つけました。
ここはカタログやウィッグの選び方など無料でサービスしているようです。すぐに購入するのではなく、まずはカログや資料を取り寄せてからじっくりと検討すればいいと思いました。

※基本的にこのブログでは特定の企業のPRは行っていません。ただ、今回はあくまでも情報提供ということでお知らせいたします。検討したい方は下記のバナーからお入りください。








トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。