がん新薬の開発と承認

先日、テレビを観ていたら、抗がん剤新薬の開発と承認に関する番組をしていました。
一部しか観ることができなかったのですが、日本では新薬の開発も承認もアメリカなどに比べると遅れている実態が明らかになりました。

番組の中ですい臓がんに罹った男性が「新薬の承認を待ちわびている」と訴える姿が胸を打ちました。ただ、厚生労働省も重い腰を上げ、承認への人的体制を増やすなど取り組みにも変化が見られ始めています。

医療現場では日本では未承認の抗がん剤を医師が個人輸入という形で入手し、患者に投与するということも行われていると聞いたことがあります。
未承認である以上、当然医療保険の対象外となるはずで、そうすると多額なお金がかかります。
経済的に余裕のある人ならまだしも、そうではない人の方が多い現実を見るとき、やはり素早い承認と保険適用化が求められます。

「使える薬剤はもうない!」と言われることは、そのまま“死の宣告!に直結します。厚労省や製薬会社、医療機関だけにこの問題を委ねるのではなく、がん患者とその家族が声を挙げる時を迎えていると思います。

口にして、声を挙げ、できることから行動する。これなくして、制度を変えることはできません。

日本にはいくつかのがん患者会があります。願わくばこの問題を検証し、声を大きくするための連携を取ってくださればと思います。



スポンサー


gion2275 at 18:32│Comments(0)clip!抗がん剤 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。