がん患者会11

管理人です。

先日、楓様よりコメントを頂戴しました。がん手術から2年が経ち、今は定期検査が2ヵ月に1度になられたということで安堵しておられました。

このまま無事に3年、4年、5年と過ごされることを願うばかりです。

以前、コメントを寄せてくださったizumi様のお父様のことも気になりますが、ご無事であることをあらためてここにお祈りしたいと思います。


さて、なかなか更新ができずに申し訳ないのですが、がん患者会11を掲載します。

少しでもお役に立てれば本望です。



【消化器がん患者会】

◎東京肝臓友の会
1990年設立。
B型肝炎やC型肝炎により健康障害を抱えている人は、全国でおよそ300万人にのぼると言われています。
肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、肝炎が進行しても自覚症状が乏しい場合が多く、気づかないうちに悪化し、肝硬変や肝がんになる人が少なくありません。

また、肝炎は主に血液を介したウィルス性感染症であることから、患者や家族はいわれなき偏見・差別に苦しむことがあるのも現実です。

東京肝臓友の会は、〃鮃を取り戻す。肝がんを撲滅する。J亳・差別をなくすという目的のもとに設立されました。

主な活動としては同病者による相談窓口の常設。専門医による個別相談会や医療講演会、勉強会、体験交流会の開催。会報誌発行など多岐にわたっています。

相談は対面、電話(月曜〜金曜の午前10時から午後4時)、メール

〒161-0033 東京都新宿区下落合3−14−26−1001
電話=03-5982-2150
FAX =03-5982-2151
メール=info@tokankai.com
WEB=http://www.tokankai.com



◎大阪肝臓友の会
1983年設立。
肝臓病に苦しむ患者自身が交流や学習の機会を得るために設立されました。主に肝臓病の治療体験や治療情報を患者と家族に伝える会報の発行をする一方、専門医による講演会、肝がん患者を対象とした交流会を開催。また、厚労省に協力して調査活動などを行っています。

相談は対面、電話(月・水・金の午後1時〜午後4時)、医師による相談は不定期、FAX、メール、ホームページ上の掲示板 ※療養相談は不可

〒550-0013 大阪市西区新町2−14−11 東京ビル4階
電話=06-6534-0660
FAX =06-6534-0663
メール=osaka@kanzo.org
WEB=http://osaka.kanzo.org







スポンサー


gion2275 at 22:17│Comments(1)clip!がん患者の会 

この記事へのコメント

1. Posted by 三木祥男   2012年03月03日 14:01
 インターネット上には、多くのがん患者支援団体が公開されています。NPO法人の大きな団体もあります。しかし多くの団体は、がんの医療情報や専門医の講演会を通じて、がん患者に情報提供することを目的としています。
 しかしそれらの情報は、健康人か、告知を受けて治療に入る前の人には貴重な情報ですが、一旦癌になって、すでに治療を受けている人には空しい情報になってしまいます。
多くのがん患者は、治療後の障害や後遺症のために精神的に苦しんでいます。 
 日本医療政策機構の2009年の調査からも明らかなように、治療後のがん患者は、身体的苦痛よりも精神的な悩みの方で苦しんでいるのです。
 しかし行政サイドも医療機関もマスメディアも「がんの撲滅」を最優先した活動や情報発信に明け暮れています。治療後のがん患者の「心の痛み」は等閑視されて来ました。
 このような事態の改善のために、この記事に紹介されているような患者会団体が、患者の相談窓口や交流の場を続けているのは、敬意に値します。しかしそれだけでは不十分だと考えています。
 私達「口腔・咽頭がん患者会」が6年半にわたり活動して得た結論は、がん患者が本当に心を癒し、やがて自らの意欲で元気を取り戻すのは、先輩患者が後輩患者をピアサポートすることを活動の主体とする患者会(患者サロン)であるというものでした。
 特に頭頸部がんの罹患率は非常に低いために、本人も家族も周囲に相談できる同病者もおらず、苦しむことが多いので、私達はインターネット上に先輩患者の体験談を掲載するサイトを開設しました。
 開設の狙いは、http://cancer-of-h.jimdo.com/の中に述べてあります。
 全国の頭頸部がん患者の皆さんのために、このサイトが役立つことを願っています。
 「口腔・咽頭がん患者会」の活動内容は、上記サイトから知っていただければ幸いです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。