抗がん剤の治療期間と治療費

抗がん剤は、手術や放射線と並んでがん治療のひとつですが、副作用の抑制と並んで問題になっているのが、治療期間と治療費です。

2012年のデータによれば、抗癌剤治療を受けた人の5割以上が半年以上の長期にわたって行ったとされています。

抗がん剤治療といえば以前は入院して行うことが当然でしたが、最近はQOLや費用面などが考慮され、通院で行われることも少なくないみたいです。

それでも、抗がん剤治療の後は人によっては抵抗力や体力が落ちるため、一定期間は静養する必要があるとされています。


また、抗がん剤は常に新しい薬剤が開発され、複数の抗癌剤を組み合わせての治療が主体となったきました。

これにともなって抗がん剤治療の高額化が大きな問題になりつつあります。
実際、2012年には通院で抗癌剤治療を受けた人の約5割が月に5万円以上の治療費を負担していることが明らかになっています。

富裕層やガン保険などで治療費をカバーできる世帯は問題ありませんが、限られた収入の中で月に5万円以上の治療費を捻出するのは簡単なことではありません。

そのため、抗がん剤治療半ばで治療の継続を断念する人や、最初から抗がん剤治療をあきらめて拒否する人が少なくないといいます。

いま、医療にも大きな格差が生まれています。

抗がん剤治療を受けることでガンの治癒が期待できるにもかかわらず、経済的な問題で受けられないというのは、不幸と言わざるを得ません。

補助金や一時融資など、何らかの形でがん患者が安心してがん治療を受けられるようにならないかと思うばかりです。

スポンサー


gion2275 at 22:05│clip!抗がん剤 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。