菅原文太さん、転移性肝がんで逝く

つい先日、俳優の高倉健さんが悪性リンパ腫で亡くなったとのニュースにショックを受けたのですが、元大物俳優がまたもガンで亡くなりました。

逝去したのは、映画「トラック野郎」「仁義なき戦い」シリーズなどに出演した元俳優の菅原文太さん。
11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全のため死去されたそうです。


享年81歳。菅原文太さんは1958年に映画俳優として本格デビュー。
渋い語り口と温かみある演技で人気を博し、任きょう映画などで存在感を示しました。

代表作に、広島を舞台に暴力団同士の抗争を描いた「仁義なき戦い」や愛川欣也さんとのやりとりが人気を呼んだ
「トラック野郎・御意見無用」などがあり、国民的な人気俳優になりました。

2007年に、膀胱がんを患うなどして体調を崩し、2012年11月には俳優引退を宣言。その後は山梨県で農業を営んでいたそうです。


ところで、亡くなる原因となった転移性肝がんですが、簡単に説明すると、肝臓以外の臓器にできたがんが肝臓に転移したものになります。
ほとんどのガンは、肝臓へ転移するリスクがありますが、実際には消化器系がん、乳がん、肺がん、頭頸部のがん、婦人科系のがん、腎がんなどが肝臓への転移を認めることが多いとされています。

治療としては、手術が効果的だということですが、がんの広がりが著しいために切除できない患者さんの方が多いのが現状だそうです。


菅原文太さんのご冥福をお祈りいたします。


gion2275 at 16:44│Comments(0)clip!がんで逝った人 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。