カープ赤松選手胃がんステージ3 再起の可能性は?!

carp



胃がんを患い、今年1月に切除手術を行ったプロ野球・広島カープの赤松真人外野手が、TBS「壮絶人生ドキュメント・プロ野球選手の妻たち」に出演しました。

番組の中で、赤松選手の胃がんはステージ3だったことが明かされ、ファンにも衝撃が走りました。
赤松選手自身も「(昨年12月に)『がん』と言われた時よりもショックでした」と振り返りました。

また、担当医も「正直なところ、僕たちが予想していたよりも進行していた状態でした。最終的にはステージ3a期ということになります」と説明。
赤松選手は、より早く現役復帰を願い、飲み薬と点滴を併用する半年間の抗がん剤治療を選択をしたわけです。

胃がんのステージ3a期とは、がん細胞がリンパ節にはあまり転移していないものの胃の表面に出ていたり、他の組織にまで広がっている状態、あるいはリンパ節への転移がみられるが、胃の外側までは広がっていない状態です。このまま放置したままにすれば、更に転移を繰り返す危険があるとされています。

また、リンパ節に転移がみられると、がん細胞が全身に広がるため、大規模な外科手術が必要になります。この手術は、拡大手術と言われ、身体への負担が大きく、術後の回復にも時間がかかります。

術後は、がん細胞の縮小と再発防止を目指すために、抗がん剤による治療も必要になり、副作用の影響も考慮しなければならないということです。


赤松選手の場合、進行がんではあったものの胃の全摘まで至らなかったことは、幸いと言えると思います。半年間におよんだ辛い抗がん剤治療も一応は終わったということですから、後は本人の免疫力が希望になると思います。

抗がん剤の治療期間中は、薬の副作用にも悩んだみたいですが、白金系などのやや強力な薬剤が選ばれたなのだと予測されます。

まだまだ予断は許しませんが、治ることを強くイメージしながら再起して、ひたむきにボールを追
いかける赤松選手の姿を見たい思います。

2017年のペナントレース最終戦で、赤松選手の晴れ姿を見たいと思って止みません!



gion2275 at 20:12│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。